2005年09月29日

最近テレビで観た映画

この所、映画館へ行きそびれている。
しょうがないのでCSで映画のチャンネルを流しているのだが、なかなか狙いをつけて
今日はこれを見るぞ!っと思って見ないと1本の映画を最初から最後まで真剣に見ることは少ない。
途中から何となく最後まで見てしまったものの、あ〜がっかり!時間の無駄だった、という事も。
気になったものは一応録画してはおいたりするのだけど、録画した事に安心してそのまんま、
ということがまあほとんど・・・。
そして、そういうビデオやDVDが家には尋常でない数になって存在する。

そんな中、最近珍しくちゃんと腰を落ち着けて観た映画から音楽映画を2本。

「スクール・オブ・ロック」

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
ジャック・ブラック リチャード・リンクレイター ジョーン・キューザック
B0002HNQ8O

ジャック・ブラック扮するロックオタク野郎デューイはロックだけが命。
親友ネッドのアパートに居候してロック以外は惰眠をむさぼる毎日。
あまりの破天荒ぶりに自分が造ったバンドをクビなった彼は、アパートからも追い出されそうに。
そこへネッド充てに小学校の代用教員の仕事の電話が入る。
デューイはネッドに黙って彼の名を語り、金目当てで名門小学校の代用教員になりすます。

管理教育バリバリの小学生を前に、そもそも何も教える事などできないニセ教師のデューイ。
ところが、生徒達に音楽の才能があることを発見するや彼によこしまな考えが・・・
自分をクビにしたバンドの仲間を見返す為に、子供達にロックを教え、
クラスで結成したバンドを地元のロックコンテストで優勝に導こうとする。

続きを読む
posted by ruru at 02:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

今日のワイン・・・

白状するが私はのんべーである。
まったくアルコールを入れない日は、1週間の内1日あるかないか・・・

続きを読む
posted by ruru at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月によせて

昨夜は中秋の名月。
空は晴れて雲ひとつなく、いつもは暗いその空間は月の光に照らされて青が透けて見えていた。


続きを読む
posted by ruru at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

デヴィッド・ボウイ 彼が宇宙人だった頃

最近私の中でデヴィッド・ボウイがブームなのだ。

きっかけは・・・まぁ「ラビリンス」ではない。

「Shall we dance?」を観に行った時、エンディングで流れた「Let's dance」(これはカバー曲だったけど)
これこそが、私が彼に再燃するきっかけになってしまった。
突然なぜか解らないけどデヴィッド・ボウイの曲が次々と聞きたくなってしまったのだ。
再燃、と書いたのは中学、高校時代、彼のファンだったから。

私がデヴィッド・ボウイを始めて知ったのは、
多分「地球に落ちて来た男」という今となってはカルトSFにジャンルされる映画だと思う。
子供の時、兄の部屋でこっそり見ていた映画雑誌に乗っているのを見たのだ。

地球に落ちて来た男[完全版]
ツトム・ヤマシタ マイケル・ディーリー バリー・スパイキングズ
B00006RTLS


続きを読む
posted by ruru at 00:10| Comment(4) | TrackBack(3) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ラビリンス 魔王の迷宮 メイキング

ラビリンスDVDの特典映像であるメイキング映像、これは楽しい。

まず最初に思ったのが、ジム・ヘンソンってピノキオに出てくるゼペットじいさんみたいだ。ってこと。
作り物の人形が、彼と人形師達の手にかかると生命が宿り、生き生きと動き始める。

アナログからデジタルへの変換期に創られたこの映画で使われている手法は、コンピュータ技術は多用されてはいるが、基本はすべてアナログだ。

たとえば、サラが友達になるホグル、
パペットの中に入る役者、眉をコントロールして動かす人、目を動かす人、顔の表情を動かす人...
総勢5人が操作している。役者以外はすべて遠隔操作。
ホグルの動きは、その5人が、役者の動きに合わせて同時に操作して出来ている。
後からグラフィックなんかでつけている訳ではないのだ。
5人がその瞬間に、息をぴったりあわせて一つの生き物を演技させているのだ。

アンビリーバブル・・・な世界だ。

続きを読む

2005年09月05日

ハッカビーズ

hakka.jpeg

なんだかシュールな哲学的コメディだった。
私は結構楽しめたんだけど、映画館を出る人の半分は「なんだったんだよこれ?」て顔をしていたのが妙におかしかった。

ポスター等から予想していた展開は見事に打ち砕かれる。
そもそも哲学探偵って一体なんじゃい・・・?
登場人物はどこかズレちゃったヘンな人ばかり。でも皆真剣・・・
ジュード・ロウ演じるエリート社員だって例外ではない。
みんなどんどん壊れていく。

訳わかんないなりに、皆が自分を見つけて行く過程がちょっとほのぼのと描かれている。

わけわかんないのを楽しめる人向けかも。
私は結構楽しめたし、途中笑えて笑えてこらえるのが苦しかったんだけどなー。

観に行った映画館では、始まって10分くらいで爆睡に入る人続出のようだった。
あちこちからイビキが聞こえてきてちょっと迷惑・・・


にほんブログ村 映画ブログへ
posted by ruru at 00:47| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

クロコダイルの涙

B00005L95Gクロコダイルの涙
ジュード・ロウ エリナ・レーヴェンゾーン ティモシー・スポール
角川エンタテインメント 2001-06-22


私がはじめてジュード・ロウを知った映画

これ、実はちょっと毛色の変わった現代のバンパイアものなのだ。

続きを読む
posted by ruru at 01:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

ラビリンス DVD本編を観て

DVDが届いてから、しばらくの間迷宮をさ迷う羽目になった。
ティーンエイジャーの時にはまった物が、今になって見てもはまるっていうのは、
何というか・・・

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。