2006年02月27日

テレビが・・・

今度はテレビが壊れた。



続きを読む
posted by ruru at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

「The Pogues」〜アイリッシュ・パンク?〜

ケルティックミュージックを取り上げたからついでにもう一つ。

B0009EOZZ8赤い薔薇を僕に
ザ・ポーグス
ワーナーミュージック・ジャパン 2005-05-25



学生の頃に聞いて、一時期病み付きになった。
1983年に、アイルランド出身のリーダーに、飲み友達や近所の友達なんかが集まってロンドンで結成されたバンド。
どんな感じの曲調かというと・・・
アイリッシュトラッドの音楽に、フォークやらロックやらパンクをぶち込んで酒場で酔っぱらって騒いでるとこんな感じになるだろうか?


続きを読む
posted by ruru at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

Celtic Woman

Celtic Woman

ケルティック・ウーマンケルティック・ウーマン
ケルティック・ウーマン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アイルランド出身の5人の女性の才能が終結したグループ。

透き通る歌声、そして感情豊かなフィドル(ヴァイオリン)の音色。
アイルランドの伝統的な歌曲を中心に、エンヤのカバーや現代の人気ナンバーも手がける。

彼女達のコンサートライブはリバーダンスのミュージカル・ディレクターも手がけた、デヴィッド・ダウンズ氏がディレクターを務めているそうだ。

5人それぞれが個性を持つソリストとしても活躍しているこのグループ、アルバムがアメリカでゴールドディスク獲得、全米のミュージックチャートで第1位を続けているだけではなく、
各ソリストそれぞれの曲がチャートインしている。

最近ラジオなんかでも良くかかっているから聞いたことがある方が多いはす。
アルバムの1曲目に収録されてるアニメのスノーマンのテーマ曲、「Walking in the Air」がよくラジオで流れるかな。

エンヤなどが好きな人にはぜひ聞いていただきたいアルバムだ。

アイルランド音楽の、美しい要素だけを取り出したようで、とにかく透明で美しい音色に心まで澄んで来るようだ。

続きを読む
posted by ruru at 18:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

ことのてん末

前回かなり凹んだ日記を書いたけど、ちょっと復活。


続きを読む
posted by ruru at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

突然の不安な日々

こういう類のことはここで書くつもりはなかったのだけど・・・



続きを読む
posted by ruru at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

オペラ座の怪人〜あれから1年〜

オペラ座の怪人 通常版


今日は私のオペラ座記念日である。

昨年の今日、2月2日にこの映画を観に行き、私の中で少しだけ転機となった。
今日はその記念日。

予約して8月末に手に入れたDVDは黒いビロードのパッケージで本箱の中から重々しい光を放っている。
届いたのが真夏だったこともあって、(映画の舞台は冬である)結局しっかりとは観ないまま、寒くなった頃に観よう、としばらく手にとっていなかった。

このブログを始める最後の後押しとなったのも、この映画のおかげだった。

今ではもうあの頃のような熱はないけれど、あの時感じた思いや感情は今でもちゃんと覚えている。
沢山のものを貰ったこの映画は、私にとっては大切な宝物には違いない。



明日は寒くなるそうだ。 そして仕事のお出かけ予定はなし。

今夜はもう遅いけれど、クリスティーヌと共にオペラ座の地下への道をたどるとするか・・・



ご興味があれば・・・

オペラ座の怪人カテゴリ→


posted by ruru at 23:55| Comment(4) | TrackBack(1) | オペラ座の怪人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ニース旅行記〜番外編:ニースの落し物〜

ニースは犬が多い。
道端で出会っても皆それなりに愛想良く、巻き毛の子が多いので愛らしい。
空港でも出入り自由。
空港のピカピカの床のロビーを白い大きな犬が悠々と歩いていく様はちょっとビックリした。

犬の一人歩きも多い。
決して野良ではない。
わんこが一人でトコトコとやって来たなー、君どこの子?どこ行くの?と辺りをきょろきょろしてみると、
離れた所に飼い主らしきくたびれたオヤジがトボトボと歩いていたりする。
あのトボトボに歩調を合わせて歩くよりは、一人で気ままにトコトコ歩いて、たまに様子見に戻ってみる位の方がお互いの為にいいのだろう。



続きを読む
posted by ruru at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニース旅行記10〜最終日〜

あっという間に最終日なのである。
今夜の飛行機で、もう日本に帰らなくてはならない。

帰りの飛行機は8時頃だから丸一日はあるのだが、今日はノースケジュール!おまけに日曜日。
遠出するのもなんだし、せっかくだからお土産でも買いながら散歩して一日だらっとして過ごす事にした。

昨日はくたびれて早々と寝てしまったので、今日も早朝暗いうちからしっかり目覚めてしまった私達。
コーヒーを飲んで、1週間過ごした部屋のお片づけから始める。


続きを読む
posted by ruru at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。