2007年01月28日

マリー・アントワネット

この冬初の風邪ひき・・・
あ〜あ、かったる〜い、仕事したくな〜い、と部屋でグズグズしていたのだけど、
それも不毛なので、この際こういう時は映画でも見に行くべし!と、レディスディの2本立てを決行。
だから、観たのは先週の水曜日ね。

marie2.jpg

「マリー・アントワネット」

ソフィア・コッポラらしいというか何というか。
この人って、本当に感覚的な映画を作る人だな、というのが毎回の印象。
もちろん、ストーリーや脚本も大切な要素だけど、それよりも何よりも、「こういう感じ」という表現。
ただ、それを表現する為にはたぶん感覚的にこんな感じっていう創り方をしているのではなくて、きちんと計算した上で、細部まで創りこんでる と思われる所がやっぱりこの人はただ者ではないと思うのだ。

続きを読む
posted by ruru at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

PROMISE<無極>

中国、日本、韓国合作のオリエンタルファンタジー大作という触れ込みだった。


PROMISE <無極> 特別版PROMISE <無極> 特別版
チェン・カイコー 真田広之 チャン・ドンゴン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


奇想天外、摩訶不思議。
こんなにもゴージャスなキャストとスタッフと制作費を使いまくって、
まぁずいぶんとお遊びをやったねぇ・・・

私は好きですよ、こういう大真面目にちょっとズレてしまった映画ってのは。

B級と言ってしまうには、各パートが妙に力が入っていて、かといって大作というにはいくらなんでも辛すぎる・・・
でも不思議なことに極上のキャストとスタッフのお陰か、くだらないと思いつつ何度も観れてしまうのだ。

コメディで無いにもかかわらずなかなか笑える映画でもある。
制作者が笑いを狙ったのか大真面目なのかが今ひとつ判らないところが、なんとも落ち着かない気分で、こらえ切れずに爆笑するも、なんとなく悪いことしたような気になる。

はっきり言って変な映画である・・・


続きを読む
posted by ruru at 00:01| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズカット

ずいぶん待って、一体これってディレクターズカットは出さないんだろうかといいかげん思い始めた頃、ついにお目見え。
実は通常版も買ってしまっていた・・・

キングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カットキングダム・オブ・ヘブン ディレクターズ・カット
オーランド・ブルーム リドリー・スコット エヴァ・グリーン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一度見て思った。

「なぜこのままで劇場公開しなかった!!!」(チョット怒)

思うに、多少長くてもこちらが公開されていたらもう少し息の長い作品になっていただろうに。

監督の自己満足に終わってしまう場合もある中で、これほど観てよかったと思うディレクターズカットって初めてかもしれない。



続きを読む

2007年01月04日

新しい年

新しい年の始まりですね。

今日までは田舎での寝正月だったのだけど、戻る途中にに夜空を見上げるとそこにはまんまるのお月様・・・

朝日もいいけど、新年に満月の光に照らされるってのもいいものかもしれない。





続きを読む
posted by ruru at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。