2005年04月28日

スーさんに会いに行きました。−恐竜博2005ー

スーさんに会いにいってきました。

sue.JPG

恐竜に開眼したのは、6歳くらいの時。

小さい頃体が弱かった私は、よく入院生活を送っていた。点滴でベットにつながれているので遊ぶことも出来ず、しかたなく本ばかり読んでいた。
母親が買ってきてくれた本の中の一冊に、学研の「恐竜のひみつ」というのがあった。
これこそが、私が恐竜というものに夢中になったきっかけだ。
高校時代、生物の教科書の古生物分野に書いてあることが、殆どすでに知ってることだった事に、自分でも笑ってしまった。
それ以来、恐竜博と名のつくものを発見するといても立ってもいられない。うれしいことに、最近は新発見が相次いでいるせいか毎年どこかで恐竜博をやってくれるので楽しいことこの上なし。

なんで、こんなに好きなのか・・・実はよく解らない。
でも、好きなものは好きだ。もちろん、食われたいとは思わないけど。
ジェラシック・パークを見たときなんか涙が出た。(あの映画で泣いた人ってどのくらいいるんだろう?)

でも、恐竜博に毎回足を運んでいつも思うこと。
小さな子供づれから年配のご夫婦まで、ありとあらゆる年代の人が見に来ていて、みんな目を輝かせて見入っているということ。
やっぱりみんな恐竜が大好きなんだ、とうれしくなってしまう。



今回は東京上野の、国立科学博物館での開催だ。場所の広さが限られてるので千葉の幕張メッセでやる時みたいな迫力がないのは仕方が無い。
でも、この博物館は本当に楽しい。何度行っても観きれないし飽きない。
最近、新館が開館して、本館は改装中。だから北極のタロ、ジロなんかには会えない。

HPもバーチャル感たっぷりで楽しい→国立科学博物館HP

さて、今回のメインはアメリカのフィールド博物館にいらっしゃるティラノサウルス、Sueさんの全身複製骨格。
複製なのが残念。
Sueさんは、28歳でお亡くなりになったそうで。生涯で2度の骨折も経験されたらしい。

その他、最新の研究結果や、初公開のものがいっぱいで、羽毛恐竜から現在の鳥までの過程の化石がとっても楽しい。

これは、まぁるくなって眠ったままお亡くなりになったMeiちゃん。
mei.JPG


帰りにはおみやげグッズもしっかりチェックして、フィールド博物館作のTシャツを購入。

posted by ruru at 09:36| Comment(4) | TrackBack(2) | 展覧会・美術展等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スーさんってどなたかと思いましたよ。
子供たちが小さいときには何度か見に行きましたよ。壮観ですよね。
本能だけで生きていたところも単純で好きかも。
Posted by momo at 2005年04月30日 18:23
自分が生きている同じ地球上に実際に想像を超える世界が存在したということ、それが想像だけではなく目に見える形でここにあるということが凄いことだと思うんですよね。それが自分の祖先だということも。

ティラノサウルスみたいな大型恐竜だけではなく、手のひらサイズの恐竜なんかもいて可愛いですよ。

今回は恐竜のうんちの化石なんかもありました。
Posted by ruru at 2005年05月03日 00:49
ruruさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m

規模は小さいなりに楽しく観ることが出来ました!
あんな大きな生物が生存した時代にタイムスリッププしてしまいました^^
ジュラシックの心境がわかる気がしました。
所詮映画で作り物だとわかってはいても(笑)
Posted by cyaz at 2005年05月24日 00:22
cyazさん、こんにちは

作り物だとわかってはいても感動しました。
意外とあの映画で感動したと言うと皆さん引いていかれるんですよね、なぜだろう・・・
原作はおもしろいですよー
Posted by ruru at 2005年05月24日 19:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「恐竜博2005」
Excerpt:  ★「恐竜博2005 〜恐竜から鳥への進化〜」(国立科学博物館)  国立科学博物館で開催されている「恐竜博2005」に行って来ました。 前々から興味はあったのですが、GWにでも行ってみようかなぁとホ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-05-24 00:19

国立科学博物館
Excerpt: 国立科学博物館の最新情報をチェック!ad3();         国...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-06-15 08:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。