2007年04月08日

今年の桜も終わりかな

さくらといえば染井吉野が有名だけど、どちらかといえば私が好きなのはヤマザクラ系

染井吉野は川べりでみると、枝が川の水辺にせり出して咲く様子がとてもゴージャス。
川沿いとか、道路沿いとかで一直線で咲いているととても美しい。
花の色はいわゆる桜色のピンクをしていて、横広がりの姿をしている。

山桜の方は、やはり名前のとおり山でみるのが美しい。
京都の吉野山の桜は山桜だ。
花の色は白っぽく、花と同時に葉も出始める。
染井吉野のようなゴージャスさはないものの、山に霞がかかったような幻想的な雰囲気は山桜でしかありえない。

私はこのふわーっと微かなピンクが混じる白い山桜が、山の斜面で木々の芽ぶきの中、霞のように漂い、花びらを散らす様がなんとも幻惑的で魅了されてしまう。
そこで、花見で酒を飲むなんてことは、おこがましくて出来るような雰囲気とは思えなくなる。

今年の桜は天候不順のせいか、ずいぶんと時期が長かったような気がする。

今日は桜の花びらを拾ってきて桜風呂にでもしますか・・・

posted by ruru at 18:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道は、道南の一部を除いて蝦夷山桜です。
五稜郭公園の染井吉野、
松前はさまざまな品種の桜が花期長く咲きます。
Posted by マロニエ at 2007年04月09日 08:16
近所の桜は大島桜が多いです。塩害、大気汚染に強いとか。少し香りがあるんですよね。

マロニエさんは北海道ですか〜桜はまだまだこれからですね。
Posted by ruru at 2007年04月09日 09:28
今日は道端に蕗の薹、福寿草、クロッカスを見ました。
桜はまだまだ。
Posted by マロニエ at 2007年04月09日 23:58
2ヶ月くらい季節が違うんですね〜
Posted by ruru at 2007年04月13日 08:51
それが、函館の桜の開花予想は30日とのこと。
北の国って、花が一斉に咲き始めるのです。
春の花と夏の花が一緒に咲くので、それはもう。
Posted by マロニエ at 2007年04月15日 13:29
豪華ですね〜
東京では今年は暖冬だったので、早春から雑草が大変でした。そのくせ春になってからが寒かったりして、花たちはタイミングが狂って大変そう。
Posted by ruru at 2007年04月22日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。