2005年09月03日

クロコダイルの涙

B00005L95Gクロコダイルの涙
ジュード・ロウ エリナ・レーヴェンゾーン ティモシー・スポール
角川エンタテインメント 2001-06-22


私がはじめてジュード・ロウを知った映画

これ、実はちょっと毛色の変わった現代のバンパイアものなのだ。

ジュードの役は、美貌の青年医師スティーブン。
自分を愛してくれる女性の血を吸わないと生きていけない彼は、女性を誘惑しては完全犯罪を続ける。

彼は女性の愛を求め、でもどの女性も必ず最後には目に憎しみを湛えて死んでゆく。

絶望を感じる彼が出会った女性。
完璧な愛を求めて彼女を誘惑するが、スティーブン自身が彼女を愛するようになってゆく。
その間にも体の限界が近づいてくる彼だが、彼女を殺さないと自分は生きられない。
彼女は彼の正体を知りながら、逃げるのを止め、
スティーブンは・・・彼女を失うことができない・・・


淡々としているけど、とても哀しく、美しい映画だったと記憶している。

そして、この哀しいバンパイアを演じたジュード・ロウの、体温が無いのではないかとも思わせる冷たく哀しい目がとても印象に残る。

こんなにも美しく、冷酷で、孤独で、そして寂しく哀しい目をするこの俳優はいったいだれ?
というのがジュードを知るきっかけだ。


最近の彼は、以前と同じく美しいが、クリスタルガラスを砕いたような冷たさの光よりも、愛らしさが際立つ役が増えて来たような気がする。
先日の「アルフィー」等はその典型だが、彼が演じると、どんなしょーもない色男でも、どこか可愛らしくて、
まあ、しょうがないねぇ、許してあげよう、次はがんばりなよ。
と言いたくなる不思議と憎めないヤツになってしまう。

これからはどんな顔を見せてくれるのだろう。


にほんブログ村 映画ブログへ

posted by ruru at 01:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜。
予告編、みた事あります。
ちょっとショッキングですよね?ジュード、すごく綺麗なんだけど、そのぶん凄みが。
(ちなみに最初に観たのが「オスカー・ワイルド」だったもので・・・私らしい)

ruruさんのエントリ読んでいたら観たくなりましたv
ジャンルは、逆だったら苦手なんだけど。(ホラーコーナーにあるし・・・>レンタル)
ヴァンパイア系(マストな流血)でも「愛の話」なんですね!だったら観たいなぁ(^_^)
Posted by めりの at 2005年09月03日 21:54
え!これってホラーコーナーにあるんですか!(驚)

でもヴァンパイア系でも異色の部類なんじゃないかな。
ヴァンパイアという描き方はしていなくて、ただ彼はそういう体質である、という感じだったと思います。


Posted by ruru at 2005年09月04日 01:26
この手の話、かなりツボです。インタビュー・ウィズ・バンパイアのブラピのような役所でしょうか。早速探してみましたが、レンタルありませんでした。(田舎だから?涙)
「ラビリンス」にポチしそうなんですが…。
(そろそろ、フランスを引き上げて英語圏に戻ろうか…)う〜ん。
Posted by emily at 2005年09月04日 01:37
emilyさん、ツボでしたか(笑)
この映画、なぜかジュードの出演作品リストにもれてることが多いので、
もしかしたらあんまりメジャーでないのかもしれません。

>レンタル
うちの近所にはレンタル屋さえありません(涙)
CSかBSで放映されるのを録画スタンバイしてじっと待つばかり・・・

Posted by ruru at 2005年09月04日 02:25
何だったかなぁ・・・吉祥寺のTUTAYAでビデオかりたときに「ガタカ」に入っていた予告編だったかも。
その「クロコダイルの涙」予告では「血が一杯でて怖い系(寒々)」か「ロマンティックな愛のある部類のヴァンパイア(怖いけどみちゃう)」なのかが、わかりにくかったので・・・どちらかというと「怖い系に見えた」のです。
ruruさんのエントリ読まなければ
きっと観なかったでしょうね・・・借りてみようっと!(^_^)ありがとうございます!
実は先週も「ホラー」の棚の前で悩んだんです。
Posted by めりの at 2005年09月04日 02:59
>先週も「ホラー」の棚の前で悩んだんです。
あら、タイムリーだったんですね。

私も、ずいぶん前に観たっきりだからまた観たいなーと思い始めたところだったのです。
Posted by ruru at 2005年09月04日 13:09
BBSにオジャマしましたひつじです。
観たのはかなり前になりますが、私もこの作品が初ジュードだった気がします。
タイトルが好みで完全にジャケ買い(借り?)だったんですが、タイトル通りのひんやりとした独特な雰囲気のラブストーリーでした。
 細部がかなりうろ覚えですが、もう一度観てしまうと最初の先入観ゼロで観たパーフェクトなジュードが消えてしまうようでもったいなくて・・(特にジュードfanというわけではないんですが)
ヴァンパイア物ということで、もう一本なんとなく「ヴァージニア」という映画を思い出しました。
Posted by くろひつじ at 2006年04月06日 21:29
くろひつじさん、こんにちは
>細部がかなりうろ覚え
実は私もかなりいい加減な記憶でこの記事書きました。本当はアレックスを追う警部とのあれこれなんかもあったはずだけど、記憶が無いので割愛(笑)

「ヴァージニア」って知らないな〜と思って調べたらジュリアン・サンズが主人公なんですね。
結構好きだったりして。彼目当てで見てみようかしら。
Posted by ruru at 2006年04月07日 13:06
そうです!ジュリアン・サンズ主演です。
「ヴァージニア」出来はともかくジュリアン・サンズがかっこよくて好みだったので、記憶に残ってます。でもその後「ボクシング・ヘレナ」を観てビミョーな印象に・・・^^;
話を逸らしてしまってスミマセン。英国人俳優繋がりということで。
Posted by くろひつじ at 2006年04月08日 11:00
ところで今自分のコメント見てビックリ。
アレックスってだれやん?
ジュードの役はスティーブンです、スティーブン。
「ヴァージニア」調べてから書いたらこんな事に。
いいかげんさがバレる・・・

私の初ジュリアン・サンズは「眺めのいい部屋」なんです。
英国人俳優はいいですね。
Posted by ruru at 2006年04月08日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6502591

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。