2005年11月27日

デヴィッド・ボウイ ライブDVD

私の手元にはデヴィッド・ボウイのライブDVDが3枚ある。

1枚目は「Ziggi Stardust And The Spiders from Mars」
B00061QX0Yジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイ

by G-Tools

1973年、彼がジギー・スターダストと名乗り、グラムロックの頂点を極めた時のライブ。
数ヶ月前、彼のグラムロック時代の映像をどうしても観たくなって購入した。

2枚目は「Serious Moonlight」
B000B84R4Gシリアス・ムーンライト

by G-Tools

1983年。「レッツダンス」でスーパーヒットを飛ばした彼が、まさしくスーパースターとしてポップシーンに君臨した頃のライブ。
これは、私がまさに彼のファンになった頃の映像だ。

3枚目は「A Reality Tour」
B00064AEOCReality Tour (Dig)
David Bowie

by G-Tools

2003年。最新作「リアリティ」の発表と共に開始したライブツアーの様子。


どれも、彼のその頃のキャリアを象徴するようで、見ていて飽きる事がないのだが、
何度も観た上でライブビデオとして、さてどれが好きか、と考えてみると
実は今や58歳にもなるデヴィッド・ボウイが元気に歌う「A Reality Tour」なのだ。

続きを読む
posted by ruru at 19:33| Comment(10) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

Modern love

デヴィッド・ボウイの80年代前半のヒット曲、「モダンラヴ」
アルバム「レッツダンス」に収められている曲だが、この歌詞の意味を、以前私は気に留めて考えてみる事がなかった。
今考えると不思議な気がする。
でも改めて歌詞を聴いてみて、ちょっと以前思っていたような曲とは違うような気がして来た。


「Let's Dance」のアルバムが出た時、昔からのボウイのファンは今までのスタンスとの違いに拒否反応をしめした。
そして今までボウイを知らなかった人や、敬遠していた人達には初めて認知されることとなった。
どちらにしても彼のアルバムで一番認知度が高く、一番売れたアルバムである。

続きを読む
posted by ruru at 04:24| Comment(11) | TrackBack(3) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

ボウイもの・・・つづき

購入した物の他に図書館で借りてコピーした物がまだまだあった・・・

(一言レビュー加筆しました)

続きを読む
posted by ruru at 03:01| Comment(2) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ボウイにはまって購入した物

ええと、すみませんがもうしばらくボウイネタにお付き合いを・・・
続きを読む
posted by ruru at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZIGGY STARDUST And The Spaiders form Mars

B00061QX0Yジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイ
東芝EMI 2005-09-14


デヴィッド・ボウイが1973年7月3日にロンドンのハマー・スミス・オデオン劇場で行ったライブを記録したドキュメンタリー。

グラムロック時代のデヴィッド・ボウイがどうしても見たくなって早速購入。
何でもっと前に観なかったんだ、と先日後悔した訳なのだが、よく考えてみたら私が学生の時は
こんな映像は気軽に手に入る代物ではなかったし、彼の昔のアルバム自体がレーベル移籍の問題だったかなんだったかで廃盤になっていて手に入らなかったのだった。

今はCDもリマスター版でクリアな音で聞けるし、過去映像はリマスター、リミックスでクリアな映像、高音質となってDVD化されている。
それもこの夏以降、特に安価版がどんどん再販されている。
ある意味、今になってはまり込んだのはとても幸運なことかもしれない。


さて、グラムロックの一時代を築いたDavid Bowieが、その頃の彼の代名詞ともいえる
「ジギースターダスト」(宇宙からやって来たロックンロールスター)というキャラクターに扮して行ったツアーは、イギリスに始まりアメリカ、日本と渡るにつれてその人気は膨れ上がり、本国イギリスへ凱旋する頃には完全に熱狂へと変っていたらしい。

続きを読む
posted by ruru at 04:02| Comment(2) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ジギー・スターダスト」 David Bowie

B0009OAUCUジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイ




このアルバムについてはあまりに多くが語られている。

ロック・オペラとも言うべきコンセプトアルバムであり、このアルバムで語られた物語をビジュアルイメージとしたボウイのパフォーマンスは70年代前半の音楽シーンの一時代として今でも記憶される。

そういう私は、リアルタイムではこのパフォーマンスを見ていない。
私が彼を知ったのは70年代も終わりに差し掛かった頃で、彼の作品の演劇性はMTVで流れていたミュージッククリップから感じ取るのみだった。

このアルバムを通しで聞いたのは、つい先月の事だ。
私はロックアルバムに、こういうアルバムを通して語られる物語があるのを知らなかった。
1曲目から引き込まれ、最後まで聞かないと落ち着かない。


続きを読む
posted by ruru at 03:44| Comment(4) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

デヴィッド・ボウイ 彼が宇宙人だった頃

最近私の中でデヴィッド・ボウイがブームなのだ。

きっかけは・・・まぁ「ラビリンス」ではない。

「Shall we dance?」を観に行った時、エンディングで流れた「Let's dance」(これはカバー曲だったけど)
これこそが、私が彼に再燃するきっかけになってしまった。
突然なぜか解らないけどデヴィッド・ボウイの曲が次々と聞きたくなってしまったのだ。
再燃、と書いたのは中学、高校時代、彼のファンだったから。

私がデヴィッド・ボウイを始めて知ったのは、
多分「地球に落ちて来た男」という今となってはカルトSFにジャンルされる映画だと思う。
子供の時、兄の部屋でこっそり見ていた映画雑誌に乗っているのを見たのだ。

地球に落ちて来た男[完全版]
ツトム・ヤマシタ マイケル・ディーリー バリー・スパイキングズ
B00006RTLS


続きを読む
posted by ruru at 00:10| Comment(4) | TrackBack(3) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

デビッド・ボウイ Let's Dance

B00001OH7ZLet's Dance [ENHANCED CD]
David Bowie

by G-Tools


Shall we Dance? のエンドクレジットで、Let's Danceが流れて来た。そしたら急にデビッド・ボウイが聞きたくなった。
(映画で流れていたのはデビッド・ボウイではなく、Myaという女性ボーカルのもの)

かなり久しぶりに聞いてみたら結構新鮮で、楽しく聞けてしまった。
常に時代の先を行っていたデビッド・ボウイがついに時代に媚びたか、とも言われた頃の作品だけど私は好きだな。

私はどうやらイギリス出身のロックは意外といけるらしい。クイーンも好きだし。

posted by ruru at 03:12| Comment(10) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。