2006年01月03日

ニース旅行記5〜お買い物へ〜

nice21.JPG
すっかり霧も晴れた山間を電車は走り、2時頃にはニースに戻って来た。

バスを乗りついでホテルへ向かうが、途中でデパ地下やスーパーに寄って食材の買い物をしながら帰ることにした。

続きを読む
posted by ruru at 16:23| Comment(0) | TrackBack(2) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニース旅行記4〜眠れる中世の町アントルヴォー〜

2日目 プロヴァンス鉄道に乗って

今日のテーマは車窓の旅なのである。

ニースから山岳地帯をぬけてディーニュ・レ・バンへ抜けるルートを走るプロヴァンス鉄道。
この鉄道は100年以上の歴史がある鉄道だそうだ。
コート・ダジュールとういうと誰もが紺碧の海を想像するが、この鉄道は海辺の街であるニースを出て奥地へ、奥地へと険しい山岳地帯を進んでゆく。
ニースからディーニュ・レ・バンまで約3時間。一日4往復のみのローカル線である。

朝9時発に乗るべく、バスでプロヴァンス鉄道駅に向かう。国鉄の駅とは少し離れた所にある駅は、もうそこからローカルの雰囲気が漂う。
チケットはただのレシート。ホームでちんまりと出発を待っている電車は2両編成。
駅を出た電車は住宅地の間をぬって走ってゆく。東京の世田谷線みたいだ。

だが20分程もするともう山の中を走るようになり、すぐに山岳列車らしい風景が広がってくる。
連なる山々の上の方に、時折教会の塔とその周りの本当に小さな村が見えたりする。
あんな所にも人が住む村があるんだ・・・

電車はどんどん山道を登ってゆき、だんだんと辺りは霧に包まれ、その霧の中にぼうっと浮かび上がる川に沿って進んでゆく。
写真ではよく解らないけど、なんとも幻想的な風景だった。
nice10.JPG

続きを読む
posted by ruru at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

ニース旅行記3〜マティス美術館と旧市街で迷子〜

一日目午後。

連れがホテルにこもってしまったので、私は一人で出かけることにした。

まずはニースの街で行く予定にしていたマティス美術館だ。
この美術館は、ニースの中心地からはちょっと離れた場所にある。
海辺の方ではなく内陸の丘の上にある為、バスに乗っていかなくてはならない。

ホテルのすぐ近くのバス停からは直接行けないので、一度途中で乗り換える必要があった。
バスは海辺を後にしてずんずんと坂を上ってゆく。
駅の周りの猥雑さと違って、このあたりは高級別荘地らしい。
眺めの良い高台に、あまり手は掛かっていないものの庭付きで、少し古びてはいるが小ぶりで優雅な姿の別荘が立ち並ぶ。

nice4.JPG

続きを読む
posted by ruru at 17:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年のごあいさつ

皆様あけましておめでとうございます。

昨年2月に始めたこのブログももう約1年がたとうとしています。
ブログを持つ他の方々のように毎日更新するわけでもなく、ただ気まぐれに書き連ねて来たこのブログですが、私にとってはいろいろなものとの出会いの記録にもなっており、大切な宝物になりつつあります。
まだまだ書きたい事は沢山ありますが、今までどおりボチボチと進めていこうかと思っています。
いつもご訪問いただいている方、たまたまこのブログを覗いてしまった方も、今年もよろしくお付き合いくださいませ。

皆様にとって、今年がすばらしい年になりますように。

今年もよろしくお願い致します。


posted by ruru at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

おそうじおそうじ

忘年会も終わって、いよいよ年末に突入!
今日はおそうじ日なのである。


続きを読む
posted by ruru at 12:37| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

メリークリスマス!

みなさま
どういうクリスマスをお過ごしですか?


続きを読む
posted by ruru at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

ニース旅行記2〜1日目朝〜

ホテルは海から2ブロックほど中に入った所なので、3〜4分も歩くと海辺に出る。
空はパッキリと晴れていて、寒いけれども気持ちがいい。

nice2.JPG

ニースは紺碧の海辺に沿って大きな通りがある。
1830年に、イギリス人の出資金で造られたプロムナード・デザングレ(Promenade des Anglais)。
その名も「イギリス人の散歩道」という意味だ。
保養地としてのニースの魅力に始めて注目したのはイギリス人の貴族達だった。
この通り沿いには、その頃に建てられた歴史ある建物も点在する。

蒼い海、美しい海岸線、南仏の明るい空
この海はコート・ダジュール(紺碧海岸)、リヴィエラ、と呼ばれて愛される

続きを読む
posted by ruru at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニース旅行記1〜1日目早朝〜

ホテルの窓を開けると、サァッと冷たい空気が入って来た。
朝の5時半、外はまだ暗い。

何年かぶりで私は日本以外の国で目が覚めたところだ。
昨日の朝エールフランスで成田を発ち、ニースに着いたのはもう暗くなってからだった。
アパートメント形式のホテルを取ってあったので、フロントはすでに帰ってしまっていて、事前に聞いてあった暗証番号で入り口の鍵を開けてホテルに入ったのだ。
昨日の夜は、近場の店でとりあえずのパンや果物なんかを買って、荷物を解いて部屋作りをしただけで早々と寝てしまった。
おかげで夜中に何度も目が覚めた挙句、こんなに朝早く起き出してしまったのだ。

続きを読む
posted by ruru at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr.& Mrs.Smith

smith.jpeg

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが夫婦役、コメディタッチのアクションムービー。

お互い正体を隠したまま結婚し、すれ違い生活を送って来た夫婦が、実は相手の正体が自分と同じ暗殺者でライバルだったことが判明!
終わりなきバトルの始まり、そこへ二人一緒に消してしまおうとする組織が入り乱れて大変な事態に・・・

いやぁ、面白かった。
壮大な痴話げんかの話だ。
ブラビもアンジーもカッコよさと可愛らしさの両方を兼ね備えているだけに本当に見ていて微笑ましいカップルだった。


続きを読む
posted by ruru at 16:14| Comment(4) | TrackBack(4) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

カモも寒かろう

寒〜い日の朝。近所にて

かもめは、食べられそうな物は手からだろうが投げられた物だろうが、ホバーリングしながら
凄いいきおいで奪ってゆく。

ハトは手からこぼれたパン屑を人の足元で奪い合う。

でもカモはなかなか心を開いてくれず、半径1メートル以内に入れてくれない。
近づいて行くとススス〜ッと離れていってしまう。

この冬の課題はカモを手なずけることかな。

kamo1.JPG
カモも寒そうだ・・・

続きを読む
posted by ruru at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ハリーポッター 炎のゴブレット

観たのはもう1週間前なのだけど。
harry.jpeg

はい、結構楽しめました。
前回の「アズカバンの囚人」を観た時に、2冊にも及ぶ原作を2時間の映画におさめるために、
テンポはいいもののあんまり話をはしょりすぎて訳わかんなくなり、強引に話を変えてしまっていてなんだが後味が悪い思いをしたので今回も覚悟して観に行ったのだが・・・

今回の「炎のゴブレット」は、意外とよくまとまっていて楽しんでみる事が出来た。
無理矢理感は感じなかったし、ストーリーも判りやすく見所もたくさん。

というのも、数ヶ月前にやっとこさ「不死鳥の騎士団」を読んだのだが、どうもあんまり楽しくなかったのである。
暗いのはもちろん、話は最初から欲求不満がたまりっぱなし、途中はダレて来て、さてこれからどういう結末が?と思うとなんだか肩透かしですっきりしない終わり方。
気を持たせておいて今更なんだよ!って感じだったのだ。

その反動もあって、同じく暗いのには変わりないけども、細かいエピソードをすっぱり切り落としてコンパクトにまとめられた今回の映画が結構良い感じに観れたのだ。

ここでストーリーを語ってみてもあまり意味なさそうなので、今回はパス。
2、3思ったくだらない事を・・・


続きを読む
posted by ruru at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

風邪にユーカリ

風邪ひいた。
といっても、もう1週間になる。
先週末に、喉が痛いよ〜熱っぽいよ〜こりゃ風邪だ!とばかりに、
一日中ゴロゴロして休息したつもりだったのだが。
おかげで時差ボケは解消、月曜はすっきりして仕事へ出かけていったはずが、
その後は悪化の一途・・・
ここ数年、風邪が軽く済みそうな時に限って必ず気管支炎を起こすというパターンになってしまった。
おまけに、この晴れ続きのカラカラの空気!

深く息をする事も出来ず、しゃべろうとすると咳き込み、腹筋は使いすぎて筋肉痛。
なんとかしてください。

薬が効きやすい傾向の私は市販の咳止めがどうも体質に合わない。
以前、飲んでしばらくしたら息苦しく、動機が激しくなってきて怖い思いをしたことがある。
そんな私が気管支炎を起こした時にできる事はマスクをして、中に湿ったティッシュを入れて湿気を保つ事くらいだ。
ここ数年はそれに、ユーカリのエッセンシャルオイルをたらすこともある。
そうすると、あらなつかしや!ヴィックスヴェポラップの香り〜
子供の時、夜に咳き込んでるとよく母親が喉元に塗ってくれたものだ。

ああ、そんなことはどうでもよい、1日中咳き込んで疲れたよ・・・

今週は水曜に「ハリーポッター」を観た。その時はここまでひどくなかったのになー
感想はまた今度。今日は寝ます。
posted by ruru at 02:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

デヴィッド・ボウイ ライブDVD

私の手元にはデヴィッド・ボウイのライブDVDが3枚ある。

1枚目は「Ziggi Stardust And The Spiders from Mars」
B00061QX0Yジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイ

by G-Tools

1973年、彼がジギー・スターダストと名乗り、グラムロックの頂点を極めた時のライブ。
数ヶ月前、彼のグラムロック時代の映像をどうしても観たくなって購入した。

2枚目は「Serious Moonlight」
B000B84R4Gシリアス・ムーンライト

by G-Tools

1983年。「レッツダンス」でスーパーヒットを飛ばした彼が、まさしくスーパースターとしてポップシーンに君臨した頃のライブ。
これは、私がまさに彼のファンになった頃の映像だ。

3枚目は「A Reality Tour」
B00064AEOCReality Tour (Dig)
David Bowie

by G-Tools

2003年。最新作「リアリティ」の発表と共に開始したライブツアーの様子。


どれも、彼のその頃のキャリアを象徴するようで、見ていて飽きる事がないのだが、
何度も観た上でライブビデオとして、さてどれが好きか、と考えてみると
実は今や58歳にもなるデヴィッド・ボウイが元気に歌う「A Reality Tour」なのだ。

続きを読む
posted by ruru at 19:33| Comment(10) | TrackBack(0) | デヴィッド・ボウイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

「泥棒成金」

南仏旅行の余韻に浸るために、DVDを引っ張り出して来た。

B000B84MNM泥棒成金 スペシャル・コレクターズ・エディション
ケーリー・グラント アルフレッド・ヒッチコック グレース・ケリー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-10-21


ヒッチコックの作品ではあるがサスペンス色はほとんど無く、ひたすら南仏の海辺の景色の美しさとグレース・ケリーの美しさが際立つラブ・ロマンスである。

身軽に屋根を飛び歩く事から“猫”と異名をとっていた宝石泥棒のジョン・ロビー。
引退した彼は、今はリヴィエラに別荘を持って悠々自適に堅気の生活を送っていた。
そんな平穏な彼のもとに、“猫”が再び活動を開始したというニュースが舞い込んできた。
驚いた彼は、さっそくそのニセモノの調査に乗り出す。


続きを読む
posted by ruru at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴェニスの商人」

未だに体調が戻らないまま、ボーっと仕事に出かけた昨日。
「眠い・・・」とつぶやきながら仕事をする私に、「まだ直んないのー?無理にでも体動かさなきゃだめだよ」と同僚。
この眠さは体を動かした方がいいのか、はたまた気が済むまで寝たほうがいいのか?
昨日の仕事は午前中で完了。

気になっていた映画「ヴェニスの商人」が25日で終了予定だったのを思い出した。
東京ではテアトル系の新宿、銀座2館のみだったので、昨日の仕事先からも自宅からも近い方の銀座へ向かう。
着いてみると、12月2日まで上映延長が決定。どうもその他でも上映予定映画館が増えている様子。
結構静かに人気が出ているようだ。
venis1.jpeg

シェイクスピアの書いた戯曲の中で最も人気が高く、日本でも最初に上演されたシェイクスピア劇として知られる『ヴェニスの商人』。
ストーリーは結構子供の時に聞いた事や読んだ事がある人が多いはずだ。
私も、中学校の時の学園祭の出し物でやった記憶がある。私は確か音響効果担当だった。

この話は、恋愛と友情と強欲なユダヤ人をめぐる法廷裁判、と盛りだくさんの内容で、多分元々はどちらかというと喜劇であり、ヤイヤイ言いながら見る通俗的な劇だったのだろうと、私は思っている。


映画を観た感想としては、私はすばらしかったと思う。

16世紀を見事に再現したヴェニス現地ロケの迫力、衣装の豪華さ。脚本と俳優のすばらしさ。
どれをとっても、リアリティに溢れている。
しかし、何と言っても俳優陣のすばらしさにはさすが、と感嘆する。
抑えた演出の中、俳優の名演が光る。

続きを読む
posted by ruru at 15:54| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画いろいろ... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

帰ってきたけどボケボケ

フランスのニースから、昨晩帰還致しました。
心配していた暴動も、まったく噂も聞かずいったいその後どうなったんだろう?

DSCN1046.JPG

シーズンオフのコートダジュールはのったりしていて、少しひなびた雰囲気で、老夫婦がゆっくりと海辺を散歩している、そんな感じの街だった。

続きを読む
posted by ruru at 01:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

出発は明後日

今日は晴天の休日、日曜日!
ダヴィンチ展は結局見逃したが、やっと旅行の準備にとりかかれる。



続きを読む
posted by ruru at 18:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行前の悩み 水やりタイマー

ついに買ってしまったのである。

ナショナル ベランダ・テラス用自動水遣りタイマー

水道のないベランダでも毎日決まった時刻に自動で水やり松下電工 ベランダ・テラス用 自動水...


家を留守にする度に頭を悩ませるのはベランダで飼っているヤツらの水遣りだ。


続きを読む
posted by ruru at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

旅行を励みに・・・

最近映画度が非常に低くなってる気がする。

テレビではずっと映画が流れてはいるのだ。

続きを読む
posted by ruru at 02:05| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

国外脱出

秋の国外脱出計画が固まりつつある。



続きを読む
posted by ruru at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。